• HOME
  • 起業支援サポート

起業をお考えの方へ

mendangazo.jpgのサムネール画像 起業ページをご覧いただきありがとうございます。

私たちは、岐阜で起業家のためのトータルサポートをしている
税理士法人服部会計事務所です。

起業し、会社を作りたいが、何をしたら良いのかわからない。
起業に必要な資金を調達したいが、どこに行けばよいのか知りたい。
起業時に有益な情報があるか知りたい。

このようなお悩みや知りたい!という思いをお持ちの方を、私たちはサポートいたします。


kigyousienbn.png
 
ここ最近、起業を考えられている方が増加しております。
私自身も独立して事務所を構えておりますので、その挑戦したい!という気持ちにとても共感いたします。

ただし、起業や開業をされる方で成功される方がいる反面、志半ばで諦めざるを得ない方も沢山見てきました。
私としてもせっかく勇気を出して起業されるのであれば、是非成功してほしいと思っております。


ところで、成功する方と失敗する方はどこが異なるのでしょうか?

同様に、税理士に依頼する、活用するメリットもお伝えさせていただきます。


起業に成功する人の共通点

1.開業資金が準備できている

まず、なんと言っても重要なのが、起業のための資金を用意しておくことです。

オフィスを借りるにも、マーケティング用のホームページを作るにも、営業用の会社案内を作るにも必ずお金はかかります。
名刺も手作りのものでは、信用もありませんのでデザイナーに依頼するとなると印刷代も含めて5万円はかかります。

飲食店を開業するのであれば、店舗物件の確保、什器類の購入、食材の仕入れなど最低限必要な費用でもかなりの金額になります。

起業準備といのは、皆さんが思っている以上にお金がかかるなのです。

ところが、、、
最近の傾向として、開業資金を用意していない方が増加しています。
当事務所でも資金調達のお手伝いをしているのですが、さすがに手持ち資金(貯金)がゼロでは銀行側もお金を貸してはくれません。

これは補償金うんぬんの問題でなく、起業をしようと考えている人が資金すら準備をしていないということで、本気度を疑われてしまうからです。


<ではいくら用意すればいいのでしょうか?>
日本政策金融公庫でお金を借りるためには、だいたい借りたい金額の3分の1は自己資金が必要です。

したがって、1000万円の資金を借りたい場合には、最低300万円は自己資金(貯金)を貯める必要があります。

ところで、、、
助成金・補助金をご存知ですか?

最近は国が起業を促進しており、新規開業、新規事業立上げのための補助金を積極的に発表しております。
この補助金は、国が認定する支援機関経由で申請することができます。
>>参考:中小企業庁HP

なお、当事務所は経営革新支援機関に認定されておりますので、補助金申請のお手伝いが可能です。
お気軽にお問合せください。


ImgTop02_02.jpg


2.事業計画を立てている

起業の際に1番重要であると我々が考えるのは、
「事業計画」です!

事業計画とは航海でいう海図のようなものです
地図も持たずに海へ飛び出していく人はいません。

同様に、ビジネスも計画が重要です!
計画があると、いつ投資資金が必要となるのかなどがわかります。

事業計画をたてなかったがために、
「自転車操業でうまくいってたのに突然の支払いで経営が行き詰ってしまった・・・」ということが発生するのです。

そのようなことを起こさないために、そして、金融機関から融資を獲得するために、事業計画はしっかりと立てましょう!

当事務所では事業計画書の作成アドバイス&サポートを提供しております。

多くの起業家を支えてきた当事務所だからこそできるサービスです。

一度ご検討ください!
keikakubn.png

事業計画書の重要性


自己資金があったとしても事業計画や信用がなければ金融機関も貸してはくれません。
その場合には、私たち税理士の出番です。

金融機関は、誰にでもお金を貸してくれるというわけでなく、もちろん返済の目途のある人に限ります。

事業計画書というのはお聞きになられたことがあるかと思いますが、お金を借りる際にも事業計画書を作る必要があります。
どのような事業を行い、どれくらい儲けが出るかを表すものです。
この事業計画がどれだけしっかりとしたものであるかによって、融資金額やそもそもお金を貸してもらえるか否かが決まるのです。

さらに、事業計画を立てるプロセスで競合調査をしたり、ターゲット選定をしたりとビジネスをより深く考えることになります。
このプロセスなしに事業を行っても、ほとんどの場合上手く行きませんし、継続する事業にはなりません。

資金調達をするしないにせよ、起業する際にはまず事業計画を立てることをオススメいたします。

なお、当事務所では定期的に日本政策金融公庫の担当者が事務所に来て「無料相談会」を実施してくれます。
また事業計画書作成のお手伝いもしております。
お気軽にお問合せください。

keikakubn.png


3.豊富な情報収集でビジネスチャンスをものにする!

ところで、大企業と中小企業の違いの1つに、情報量の多さがあります。

大企業は、情報を仕入れてくる人の数が多く、新鮮な情報が勝手に集まってきます。
それに対し、中小企業、特に設立したばかりの企業では、情報を集める人が経営者だけという状況が多いのが現実です。
とは言え、大手企業と渡りあっていかなければいけないのも事実です。

そこで・・・
新鮮で正確な情報を仕入れるルートを持つことが重要になってきます!

お金の話でいうと、税金に関する法律は毎年のように改正が行われます。
そのため、法律の中でも最も厄介な分野だと言っても過言ではないでしょう。
だからと言って、知らなかったでは済まされませんし、本来なら払わなくてよいお金を国に納めなければならなかったり、適用されたはずの控除を受けられなかったりと、好機を逃してしまいかねません。

税制改正、助成金、融資、保証制度、中小企業庁の施策、ビジネスマッチング等の情報などをいち早く仕入れることが、次の一手を迅速に打つためには必要条件だと言えるでしょう。

決して一人ではビジネスはうまく行きません。
様々な専門家をうまく巻き込みながらあなたのビジネスを成功させていってください!

 

当事務所にご相談いただくメリット

時間が節約!スムーズに設立できる!

必要な書類や手続き等、会社設立のプロがサポートいたしますので、自分で知識を習得する手間をかけることなく、専門家になんでもお聞きいただきながら設立することが可能です。

経理や節税対策もばっちり!

日々のややこしい経理や、決算申告などもおまかせいただきます!税理士は税務会計のプロですから、プロの視点で節税のアドバイス、また、企業を成長していくための助言を行なうことが可能です。
企業の将来像を見るためにも、税理士にご相談いただくことをおすすめします。

起業のご相談は当事務所にお越しいただくだけでOK!

起業には、会社設立手続きだけでなく、許認可、助成金、資金調達、社会保険の申請など、様々な手続きが必要となる場合もございます。

そのようなときにひとつひとつ対応してくれる専門家を探すのは手間がかかりますが、当事務所では、提携している司法書士・社会保険労務士・弁護士・行政書士などにこちらから連絡いたしますので、お客様のご移動や相談にかかる時間の負担がほぼ発生いたしません。

当事務所にお越しいただければ、起業に必要なサポートが、全て揃うのです。

当事務所にご依頼いただいているお客様の声です!

お客様の声1 お客様の声2 お客様の声3
kurodakensetsu.PNG kitamura.PNG abl.PNG
服部会計さんは所長はじめ職員のみなさんが誠実で人間味のある方たちばかりです。そして、金融機関等、第三者に対する決算書の信頼度が高くなりました。 顧問をお願いした一番の理由としては、先生の人柄の良さです。
親切に、とても丁寧にアドバイスをしていただくことができ、とても感謝しております。
弊社の欠点について率直、素直に相談できるところが、服部会計さんとお付き合いして最も良かったところです。
 

 

 

↓法人設立を決めた方はこちらをクリックしてください!↓
自分で設立するよりもお得! 将来の経営を考えた会社設立手続きサポート

 


ImgTop20.jpg

zissekibnr.png
>>24時間メール受付中です!
 

事務所に関する詳しい情報こちらをご覧下さい! 

migi.jpg

スタッフ紹介

 

事務所紹介

 

アクセス

無料相談はコチラ 

 

料金表

 

HOME